• 【タイ・コスパ生活】500円で美味しい2食とタピオカミルクティー、コスパ生活のカギは場所選び

  • ラマ9世駅

    MRTスクンビットから北に2駅 発展中心のエリアです。
  • バンコク

    タイの首都バンコクです。

【タイ・コスパ生活】500円で美味しい2食とタピオカミルクティー、コスパ生活のカギは場所選び

コスパ率 ★ ★ ★ ★ ☆

バンコクでコスパ生活を目指す髭オジです。

最近の一日の食費+タバコ代は約200バーツ(700円)になってます。

順調か。

一食あたり、140円~170円、タバコが60バーツで210円。
そして流行りにもれずタピオカミルクティーにはまってます。

こちらは一杯24バーツ(84円)

目次

これでタバコをやめれば..禁煙さえすれば一日500円で美味しい2食とタピオカミルクティー2杯いけますね。

このコスパは魅力的。

やっぱりタイは財布にやさしい。

しかし一方、一食1000円を超えるレストランも普通にあります。

むしろローカルなレストラン以外だと一食500円くらいがあたりまえ。

コスパ生活のカギは場所選びにあります。これを心がけて行動しないと日本食ばかり食べてコスパにならない。

また料理にもよりますが、味が分かるまでは少し期間が必要だったりします。

味になれる期間ですね。

最初味がわからなくても食べてるうちに味覚が慣れてきて、美味しさがわかってきます。

ここのチキンは新鮮だとか..

タイ料理には辛いイメージがありますが、まさにその通りです..

しかし味付けや素材には各レストランこだわりがありそうで、美味しいローカルレストランは自分が食べても美味しいです。

やっぱり現地の人も集まってますので、そこがねらい目。

人が集まっている店には入ってみる。でないと、ネット情報だけではなかなか美味しいローカル店には会えないでしょう。

コスパ生活と極貧節約生活は違います。

高級ではないが安くて美味しい、快適な生活を目指すのがコスパ生活の目標です。

理解できる現地情報が少ない分、足で回って見つけるしかないですが、これはこれで面白いのです。