MRTスクンビットから3駅、タイ文化センターにある鉄道市場(タナー・ロットファイ)は最近現地の人や観光客の人気スポットになっています。

私は近くに住んでいることもあって定期的に物色に出かけていますが、今日は夕方に大雨。

雨上がりの鉄道市場はどうでしょうか。

いつもはマーケット内に列ができるほど混んでいるのですが、今日は予想通り、夕方のスコールのおかげで空いていました。

しかしレストランやバーは軒並み開いているものの、小物などの露店ショップは閉めている店も結構ありました。

雨期は屋外に店舗を出す方も大変です。

バンコクの屋外マーケットには、安くて美味しい食べ物や、オシャレな小物、場所によってはバーもあって、魅力が詰まっています。

アクセスする際の注意

鉄道市場の営業時間について、公式では午後17時から午前1時になっています。

平日の場合、営業開始時間が帰宅ラッシュ時間と重なります。
特にスクンビットから北に向かうMRTは混んでいます。

タイ文化センター駅はスクンビットから3駅北にあるので平日観光する場合は、ラッシュ時間前に移動するのが安全です。

オシャレ系のショッピングモール、エスプラネードや、The Streetが近くにあるので鉄道市場が始まる前はそこでも時間をつぶせます。

また、帰る際も注意が必要でMRTの終電時間近くから深夜にかけては電車、道路ともに混んでいます。

多少の渋滞や電車の並びは覚悟した方が良いかもしれません。

まとめ


やっぱりのバンコクのマーケットは、お手頃価格でオシャレアイテムやお土産探しには最適な場所だと思います。

アソークなどの市街地エリアは若干大人の街化してて停滞感があるので、
少し足を延ばして若者が集まるこのエリアに踏み込むのはいい刺激になると思います。