スコールで冠水、それでも暑いバンコクの雨期

  • スコールで冠水、それでも暑いバンコクの雨期

  • ラマ9世駅

    MRTスクンビットから北に2駅 発展中心のエリアです。
  • バンコク

    タイの首都バンコクです。
コスパ率 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 アジアの国あるあるですが、バンコクもスコールで道が時々冠水します。しかも主要道路が..

目次

バンコク雨期のスコール

バンコクの雨期(5月中旬から10月頃)は大体毎日か二日に一度はスコールのような強い雨が降ります。

普段の雨自体、それほど長い時間降り続くことは少なく、だいたい1~2時間で止みます。これは水捌けキャパ内なので大丈夫なのですが、時々半日近く降り続くことがあり、そうなるとキャパオーバー。

道路に水がたまり始めます。

時間帯は日中より、夕方や夜降ることが多いです。

雨期の備え

雨はときどき台風並みに強力だったりするので、遭遇したら屋根のある場所に退避することが多いです。

小雨の場合は折り畳み傘をさして移動しています。
傘は日本と同じでタイのコンビニでも購入できるので、雨期には準備しておきましょう。

道路が冠水してしまったら

一度道路が冠水してしまったら、水が捌けるまで結構時間がかかります。(感覚的には最低数時間)

雨が止んでも交通の状態は良くありませんので、遠出は避けた方が無難です。
どうしても移動する場合はタクシードライバーなどに状況を聞いてから移動しましょう。

雨期でも暑い

最後に、バンコクは雨期でも暑い。
雨上がりは湿気も増して軽くサウナになります。

タイの雨期にはタオルや着替えもカバンに常備しておくのが良さげです。